遠心式加湿器 ミストシャワー                                                      合同会社タナカコーポレーション
遠心式加湿器 加湿対策 熱中症対策 fogging-mist

遠心式加湿器

モーターの高速回転を利用して水を吸い上げ、内部でモーターの独自の遠心構造により微細なドライミスト(5〜30ミクロン)を作り出し、上方に噴霧する遠心式加湿器です。

100W〜150Wという小さい電力で大きな加湿量(3,000cc〜4,500cc/時)を得る事が出来る省エネタイプの加湿器です。

ミストが空気中で気化する際に周囲の熱を奪い、温度を下げる微霧冷房の効果もあります。

微細なドライミストですので空中で気化し、床や周囲が濡れるような事はありません。

球体部にプロペラ羽根により噴霧するタイプではありませんので、羽根に着く水滴が飛び散る事はありません。

軽量コンパクト(7.5kg)なステンレス・プラスチック製ですので、錆びにくい構造になっています。

乾燥時期の加湿対策、特にインフルエンザ等のウィルス感染は室内の湿度を50%以上に保つと感染率が極度に落ちるという報告もあります。

印刷工程においては静電気が最大の敵であり、一定の湿度を保つ必要性があります。

キノコ栽培では高湿度の環境を維持するのが生育のポイントであります。


 TL5500型
          遠心式加湿器 乾燥対策 加湿効果       遠心式加湿器 加湿対策 静電気防止   遠心式加湿器 乾燥対策 加湿効果   遠心式加湿器 乾燥対策 加湿効果

  MT5500型
     遠心式加湿器 MT5500           遠心式加湿器 MT5500 4方向カバー       遠心式加湿器 MT5500       遠心式加湿器
  

 
遠心式加湿器TL5500型 
 電源 単相100V 
 電気容量 120W 
 水消費量 3,500〜4,000cc/時 
 噴射霧到達高さ  2,500〜3,000mm
 霧粒子の大きさ 5〜30ミクロン 
 寸法 320x320x350(H) mm 
 重量 7.5kg 

遠心式加湿器 TL5500型 説明チラシ


 遠心式加湿器MT5500型
  電源 単相100V 
 電気容量  120W
 水消費量  3,000〜3,500cc/時 
 噴射霧到達高さ  2,000〜2,500mm
 霧粒子の大きさ  5〜30ミクロン 
 寸法  320x320x430(H) mm 
 重量  7.5kg 

遠心式加湿器 MT5500型 説明チラシ


湿度センサーコントロール

目標の湿度を設定しておきますと、その設定湿度で遠心式加湿器を自動的に制御運転させます。
 
遠心式加湿器 乾燥対策 加湿効果 ウィルス感染  遠心式加湿器 乾燥対策 加湿効果 ウィルス感染防止    遠心式加湿器 乾燥対策 加湿効果 ウィルス感染防止


稼働場所


 ・きのこ栽培施設 ・病院や施設内 ・畜舎 ・印刷工場 ・製版室 ・食品倉庫 ・骨董家具類保管所 ・花卉類貯蔵庫 

  この様に遠心式加湿器は幅広く活用されています。


  遠心式加湿器 動物園畜舎 乾燥対策  遠心式加湿器 キノコ栽培 ウィルス感染防止  遠心式加湿器 乾燥対策 印刷工場 ウィルス感染防止

     動物園 ゴリラ舎              きのこ栽培施設            印刷工場給紙部
   (暖房による乾燥状態に加湿を)                         (巻取紙乾燥による静電気防止)


  乾燥対策 印刷工場 ウィルス感染防止  遠心式加湿器 印刷工場  遠心式加湿器 キノコ栽培
     
 商業印刷機と遠心式加湿器
    製版室内に遠心式加湿器             コンテナ内胡瓜育苗に遠心式加湿器


    遠心式加湿器 園芸店 ウィルス感染防止      
     インフルエンザ感染防止 遠心式加湿器        遠心式加湿器 加湿効果  
       
       植物園に
                  町の印刷・ハンコ屋さん          農業センターに展示

      インフルエンザ感染防止 遠心式加湿器           遠心式加湿器 ハウス栽培       遠心式加湿器 ハウス栽培

     4方向噴霧ヘッドカバー付き          特養老人施設内             苗木栽培ハウス内    

   遠心式加湿器 キノコ栽培  遠心式加湿器 歯科医院     遠心式加湿器 乾燥対策

            植物園                    歯科医院                                                 美術印刷工場


                                     

                     シクラメンハウス栽培        養雛場                                     ピーマン栽培

                  

                キノコ原木養生        キノコ菌床養生
                                                           


       MT5500型の噴霧状態を動画でご覧下さい。    MT5500の噴霧状態動画(Youtubeより)

               TL5500型の噴霧状態を動画でご覧下さい。    TL5500の噴霧状態動画(Youtubeより)

               MT5500型本体と水皿を繋ぐフックの取付け方 この動画をご覧ください。(Youtubeより)

               MT5500型ヘッドカバーの取付け方        この動画をご覧ください。(Youtubeより)

               MT5500型の分解方法(メインテナンス時)    この動画をご覧ください。(Youtubeより)


インフルエンザ感染防止には遠心式加湿器を

厚生労働省の「インフルエンザQ&A」の「インフルエンザの予防・治療について」の項に書いてあります。
 「適度な湿度の保持ーーー空気が乾燥すると気道粘膜の防御機能が低下し、インフルエンザにかかりやすくなります。
 特に乾燥しやすい室内では、加湿器などを使用して湿度を50〜60%に保つことも効果的です。」と提案しています。

外気温度が低い季節には、施設内や屋内では暖房機器を使用すると湿度が低下して乾燥状態になります。
乾燥状態が続くとインフルエンザウィルスが活性化すると共に、人の呼吸器粘膜に付着したウィルスによる感染が起こりやすくなります。

病院・施設内や一般家庭内では加湿器を使用して乾燥を防いでいます。
しかし、卓上型加湿器を設置してもなかなか目標の相対湿度を得られないというのが現状であります。
卓上型加湿器から勢いよく水蒸気が出ていれば視覚的にも良い環境であると錯覚して安心してしまうのではありませんか。
適正な相対湿度を確保出来なければ加湿器を置いても意味が無くなってしまいます。
加湿することの重要性を再認識して頂くと共に加湿器を上手に利用し適正な相対湿度を確保することでインフルエンザウィルスの感染を
防がれる事を切に願います。

        
インフルエンザ感染防止

上図はインフルエンザウィルスの生存率を温度別、相対湿度別に示したものです。
温度22℃、相対湿度20%では60%以上が生存してますが、相対湿度50%では殆ど生存出来ない事が分かります。
インフルエンザウィルスと湿度の関係については、これ以外にも報告がありますが、いずれも水分量が多いほどウィルスの生存率が
低くなるという結果が出ています。

   
群馬県の某特別養護老人ホームで活躍中

      インフルエンザ感染防止 遠心式加湿器       インフルエンザ感染防止 遠心式加湿器




   トップページへ        製品価格へ   ミストシャワーへ   お問合せは